Increment Everyday

毎日プラスになったらいいなあ。

マネジメントされたい

f:id:YonYon:20170604205742j:plain

このまま辞めることになりそうだし愚痴として吐き出す

新卒で入って、なんとなく研修を受けるまでは楽しかった。

客先に飛ばされてからは楽しくなかった。 毎週チームメンバー別の数字(稼働が何時間とか、売上と原価率がいくらかとか)が書かれたメールが回ってくるのが辛かった。 当然、成果を上げなければ自分の売上はゼロであり、稼働すればするだけマイナスになってしまう。 単純な事実でしかないのだが、それをわかっていても、その数字が痛くプレッシャーに感じてしまった。

任された調査系の仕事も辛かった。 業界用語やパッケージの仕様といった必要となる知識が足りず、そもそもの要領を得ることができなかった。 進め方について指示者含めて複数に相談したが、結局クリティカルな策は見つからなかった。 しまいには「君の最大の失敗はこの仕事を断らなかったことだ」と言われてしまった。 断る選択肢が用意されていたことを知らなかった。 確かに、闇雲に頑張ってしまった自分が悪い。うん、自分が悪いなら仕方ない…… その一言が後を引いてか、日に日に元気がなくなり、とうとう頑張れなくなってしまった。

もう少し密接にコミュニケーションをとっていれば、また話は違ったと思う。 どれだけの労力・時間を想定しているのか、どのレベルから作業をするのか、目指すべきゴールはどこなのか、アウトプットの形式は何か……作業支持者や他のメンバーに聞かなければならないことはたくさんあったと思う。 そこを、「コミュニケーションの価値観が大きくズレている」「常に忙しそう&威圧的でコミュニケーションのリスクが大きく感じる」などとそれっぽい理由と共に忌避していた。 それが仕事を進めなくていい理由にはならないのに。 結局、最後まで作業指示者のビジョンがわからなかった。

自社に戻されてからしばらくは楽しかった。 どんな仕事に対しても、数字に怯える必要がなかった。 安全性が担保されている(と信じ込んでいる)職場はなんて素晴らしいんだろう!

と思ったのもつかの間、プロジェクトはちまちまと燃え上がっていた。 週を追うごとに仕事のレベルが上がっていった。 気づけば、要件定義やら設計やらコーディングやらマネジメントやら、風呂敷がどんどん増えていってしまった。 ひとまず無我夢中で取り組んだ。取り組むしかなかった。

プロジェクトはどんどんと燃え広がっていった。 工程が徐々に後ろ倒しになり、単体試験と結合試験を同時に行うことになった。 ある側面では仕方ないと思う。ある側面では正直理解できない。 自分は、管理の仕事をやることになった。 管理の仕事は裁量が大きい。「何を」「どこまで」を明確に線引きしておかないと、自分ですべてを背負い込んでしまう。 でも、そんなことは誰も教えてくれなかった。書籍と経験から会得していくしかなかった。

ある晩、進捗状況の確認があった。 機能別の項目を読み合わせて確認していくのだが、ほとんどの項目が終わっていなかった。終わっていなければいけないのに。 項目を追うごとにリーダーの顔色が曇っていった。 挙句の果てには、報告の途中なのに聞くことを放棄し、すっかり無視されてしまった。 そのことがきっかけとなったかは定かではないが、その反応を見て、正直どうでもよくなってしまった。 その後、気持ちの後を追うように体が動かなくなっていった。

立ち回り方が違っていたら、もしかしたらなんとかなっていたかもしれない。 作業者のスキルを信頼しきれなかったため、「何を」「どこまで」指示するべきかの線引きに迷ってしまった。 そして、目の前の仕事を自身でこなす選択をとった結果、優先順位が高い仕事を見落としてしまった。 作業者を信頼して(もちろんマージンを取りつつ)仕事を振り分け、全体を見ることに徹底するべきだった。 もっとも、それをしても間に合っていたかと問われるとなんとも言えないが……

反省する点はいろいろあれど、どちらにも共通するのが「褒められたい」「マネジメントされたい」と思いながらも「受け身の姿勢であった」ことである。 褒めてもらいたいなら、マネジメントされたいなら、それ用にそう伝えないといけないのである。 個人的には、それはひどく無慈悲に思えてしまう。しかしながら、全員の状態を把握するのが難しいこともまた事実だと思う。

辛い時に辛いって言える人は強い。 自分はどうやって伝えればいいのか最後までわからなかった。

追記:一時期は「自分で自分をマネジメントしよう」という方針でやっていたけれど、残業とか休日出勤とかが続くと余裕がなくなってしまって、結局後回しになってしまった。そういう意味でも、管理専門の人がいるってことは大事だと思う。

スマホで長文打つのってめんどくさいよね

f:id:YonYon:20180329110853j:image

 

スマホから文字を打つと言う作業は心理的負担が高めで、短文ならともかく長文の執筆はあまり気がすすまない。
でもパソコンを立ち上げてもなかなかブログを書こうという発想がわいてこない。
他の誘惑ややるべきことが優先されてしまう。

大きな画面とキーボードを用意して入力するほうが効率が良く、心理的負担も軽い。スマホと比べても、執筆速度は段違いである。個人的には。
なんだけれども、ある程度軽いインターネットライフを楽しむならば、わざわざパソコンやタブレットを起動させずともスマホで事が足りる。
主に受信中心でインターネットを楽しむなら、これで十分だろう。
わざわざパソコンを立ち上げるのは、こういう長い文章を書いたり、開発作業をしたり、強いグラフィック能力を必要とするゲームをしたりと、発信中心か、なんらかの大事をする時が多い。

実家では帰ったら即パソコンの前に座る習慣がついていたのだが、それはデスクトップのパソコンを使っていて、わざわざ「それ用のスペース」というものが用意されていた、ということの影響が大きい。
また、パソコンを使った楽しみも豊富だった。動画をいじったり、マイクラやネトゲを楽しんだり、プログラムに手を出したり。
今のようにノートパソコンで必要な時に必要なだけ使うような環境では、大事以外でわざわざパソコンを使おうとは思わない。
パソコンの楽しみもほとんど忘れてしまった。それぐらい、心理的な距離があるのだ。

次の環境では、また「それ用のスペース」を用意して、かつての生き生きとした生活を取り戻したく思う。
しかしながら、楽しむことを忘れてしまった状態から、再び戻れるのだろうか。
買いたいパソコンもあるし、超でっかいモニターを活用したいとか、どんなデスクにどんなイスでとか、細かな運用方法も妄想する。
しかし、それを用意した途端、それらに対する熱意が冷めてしまったら、それはとても悲しいと思う。
過程だけではなく、結果としても、過去の美化された思い出を取り戻したい、そう思ってしまう。

なんてとりとめもない文章をスマホで書いてみるテスト。

20160614

f:id:YonYon:20170615015741j:plain:w640

たまにはゆっくり休みたいよね。
いや、なるべく休んでるはずなんだけど、やらなきゃいけないこととか不安なこととか気になることとかたくさんあって、全然休んだ感じがしない。
メリハリつけて休むのもある種のスキルなのかなあって思います。鍛えていきたいなあ。

本日の体調

  • 朝:横になったり実況プレイ動画みたりしてウダウダ。
  • 昼:昼寝。あとは新社会人になってからの自宅レイアウトやパソコン周りのカスタマイズを考えてた。
  • 夜:寝たり起きたり。夕飯はスーパーのお弁当で済ませたよ。
  • 総評:一週間ぐらい、ちょっといろいろ嫌なことがあって心身ともに疲労困憊。なるべく早く回復させたい……

20160606

f:id:YonYon:20170607004552j:plain:w640

もう0時過ぎてるけど、寝るまでが今日ってことでどうですか。
ちょっと考えるようなエントリとかお役立ち記事とか書いてみたいけど、ネタはあっても気力がNothingなTodayこのごろ。

今日の体調

  • 朝:パソコンいじったあとはゲーム三昧。久しぶりにWiiWiiUとかバーチャルコンソールとかを遊びたくなって、オプーナとかCS版太鼓の達人とかマリオカート8とかマリオワールドとかピクミン3とかそのへん。
  • 昼:THE☆大量に余っている調味料だけで味をつけたパスタ。結構量が多くて、食べたあと眠くなった。実はちょっと寝ちゃってバイト遅刻した。
  • 昼その2:本日はアルバイト。エクセルと格闘してて、単純に打ち込んだほうが早いよねVS関数使ったほうがのちのち改修する時楽だよねの一本勝負ファイッって感じでした。帰りの電車で40分ほど爆睡したらかなりスッキリした。
  • 夜:寄り道してゲーセンへ。どうもノスタルジアの調子が悪かった。ビーストを2ヶ月ぶりぐらいに触ったけど、認識は追いつくのに手がついてこない。しばらくやってないとそうなるよなあ…
  • 夜その2:やたらとうどんやそうめんが食べたかったので、夕飯にざるうどん。その後はテレビみたりゲームしたり。初めてしっかりと「あなたのことはそれほど」を見た。ドロドロしてる印象があったけど、ドロドロというよりは大人と社会と愛の三角関係みたいなドラマだった。面白かったから次週も見よう。
  • 総評:ゲームたくさんした。たのしかった。おわり。

この調子で心身ともに回復。ついでにダイエットもしたい……
つーかねむい。ねる。おやすみ。

20170605

f:id:YonYon:20170604204403j:plain:w680
っべーっすねーぼーっとしてたら1日が終わって気づいたら0時になりそうじゃないですかまじやっべー

今日の体調

  • 朝:HTMLで自己紹介ページを作るということで、また徹夜でCSSをゴリゴリ書いてた。目に見えるところを作り込んでいくのはテンション上がって楽しいね。朝飯に昨晩作った豚肉カレー。豚肉は邪道だって言われたけど、普通においしい。
  • 昼:爆睡。超爆睡。ちょくちょく起きてたけど22時ぐらいまで寝てた。
  • 夜:コンビニで醤油ラーメンと鶏ごぼうごはん+カレーの残り。1食300円ぐらいなのはアツいね。
  • 総評:体調は中の中ぐらい。学校行けそうかなあ…?

月曜日は簡単そうな授業しか取ってないから休みってことにしているけれど、そろそろ出席しないとやばそう。頑張ろう……明日こそ大学行くぞ。
19卒向けに就職活動に関する記事を書きたい。このあと元気があれば。なければ明日にまわす。

ブログを始めるときはいつも土佐日記を思い出す。

f:id:YonYon:20170604223055j:plain:w200
ブログはじめました。

なぜ紀貫之土佐日記で性を操る手法を選んだのか?

日記やブログというものの「始まり」を意識すると、いつも紀貫之土佐日記を連想する。
「男性が女性のふりをして書いた文章」とだけ表現してしまうと、ずいぶんとあっけないものだ。だけど、その裏には表現を制限するジェンダー規範に対する風刺とか、自分が求める表現のための手法としての性操作であったり、社会的な固定観念に対するカウンターの意義もあったのでは、と思う。
高校の時、古文の授業で土佐日記が扱われた時、クラスの人達がこの作品をオカマだのなんだのぞんざいに扱っていたのを今でも覚えている。もっと深いところに意味があるんじゃないかとか、ある種の抑圧みたいなものを想像して息苦しさを覚えたりとか、画期的な手法に感動したりとか…そんな感じで感慨深かったのだろう。
とはいえ、そういう類の話が実は全然深いこと考えずにテキトーに書きました☆なんてのもよくある話なので、冗談半分に考えてはいるけれども。

今日の体調

  • 朝:徹夜でしこしこPHPを書いていたような気がする。銀チョコWとピーナッツ揚げを貪るように食べる。本当はもっと味わって食べたいのに、ボーっとしながら作業のように口に運んでいる。作業だと考えると、その効率とスピードはなかなかのものか。気分は中の下。
  • 昼:午前中はPHPの続き。昼飯に白米とチキン南蛮。それなりに味わって食べられた気がする。午後はお昼寝。
  • 夜:ブログ立ち上げのためいろいろ調べたりカスタマイズしたり。カスタマイズは楽しそうなので、そのうちまたやろう。
  • 総評:長時間の作業は効率も落ちるし注意力が散漫になるからよろしくない。けど集中し始めると休憩する・辞めるという選択肢が頭の中から消え去る。もはや意地なのでは。

エンジンがかかると長時間集中して作業するよって話をすると「好きなんだね~」ってよく言われるけど、違う気がする。「長時間それをしても苦にならない」ことと、「時間を忘れるほどそれが好き」ことは、イコールじゃないと思うんだよなあ。コードを書いたり作りたいものを考えるのは苦じゃないけど、うまくいかないとイライラするし、作業中に「楽しい!」って感覚は一切ない。それを「好き」だと言ってしまっていいのだろうか。自分の中で「好き=プロフェッショナル」の図式が成り立っているので、自分が満足するまで好きになることはないらしい。完璧主義なのも災いして、結局いつまで経っても好きだと言えない気がする。好きってなんなんだろうね。